新興市場 の 5G 関連企業

新興市場 の 5G 関連企業

 

日本の通信業界には約10年周期で変革期が訪れています。通信容量が拡大することで通信機器とコンテンツが時代時代で変化し、消費者は通信料金の実質的引き下げや豊富なコンテンツや通信手段の多様化を享受してきました。

5Gは4Gの約100倍の大容量高速で多数のデバイスが同時接続可能となります。日本でも2020年がサービススタート元年となり、携帯電話キャリア大手3社の(株)NTTドコモ、KDDI(株)、ソフトバンク(株)がサービスを開始。通信キャリアとしては新興の楽天モバイル(株)も参入し、サービスの開始を予定しております。

前述のように5Gは4Gと比較して、大容量のデータを高速で処理し、データの送受信のタイムラグは4Gの約1/10となり、多数のデバイスとの接続が可能となります。この結果、従来の携帯電話主体のデバイスでの用途だけでなく、IoT、自動車の自動運転、遠隔医療、VR、ARなど用途が広く、基本インフラの鍵を握ってもいますので産業応用性は従前の通信規格とは一線を画しております。

本書では新興市場に上場している企業の中らこの5G関連の企業を取り上げ、これらの企業の事業概要、属性、財務分析、企業価値などについて解説しております。